冬の水分補給

冬の水分補給問題。(年間通じてか?)

まさにうちも直面。

少し前から、水の器から飲む場面をあんまり見なくなった。

うちの場合、自主的にガブガブ飲むのは軟便の時くらい。(その時は異常なくらい飲む)

飲む量が減ったから必然的にトイレの回数や量も減ってそれが目に見えて分かった。

これが噂の…ちょっと焦って対策を考えた。

よく提案されてるような事は既にやってるものが多い。

うちで難しいのは温めの温度(を保つこと)くらいでそれ以外は試したと言ってもいいかなぁ。

お湯にするのは1日2~3回水を替えるとき。

タイミングよく飲んでくれてる時もあるけど毎回じゃない。

相手は言葉が通じないから、お湯にしたって運動させたって水の置き場所増やしたって

飲みたいときにしか飲んでくれない。

ちなみにうちでは自動給水器は興味を持ったのは最初だけ。

あとは水が流れる置き物と化した。夏だったのに。

こっちも1週間以上頑張ったけど重いし面倒だしで早々に撤去した。

強いてそこまでやっていなかったことと言えばウェットフードをあげること。

今まで色々と試してはいるけど、それは薬を飲むときとか

将来ウェットを食べざるを得なくなった場合に困るからであって常食にはしてない。

ウェットは歯垢がつきやすいって意見もよく見るし。

でも、メリットとデメリット考えた上で結局はウェットをあげることにした。

現時点で毎日~1日置きくらいであげてる。

でも別にカリカリの食いつきが悪いとかは全然ない。むしろカリカリ大好き。

ウェットでお腹いっぱいになっても困るから、お湯を足して

1回で最低40~50ml摂れるようにしてる。

それでも、ウェットお湯割りで摂れる水分は体重からの摂取量目安の半分もいってない。

今後薄めて増やしてくつもりだけど一度にそんなに飲んで意味あるのか?

ただ、やっぱりこれにも体質は関係あるみたいで水分摂っても罹る子は罹るらしい。

でもそんな事言い出したらキリがないしね…。

ウェットを続けてあげていくから歯みがきをなんとか再開しようと鋭意努力中。

(一度挫折した)

しかし普通のウェットフードって具が結構ある。

いや、その具も含めて水分約80%なのは分かってるけど

うちは一定量(固形で)超えた途端に軟便まっしぐらだから

カロリー低いウェットに一日の食事量の一部をもってかれるとツラい。

それに子猫の今はもっと栄養のある方をたくさん摂取して欲しい。

特にプレミアム系でスープタイプってないんじゃないか…たぶん。

テクスチャがとろっとしたのはよくあるけど、水分たっぷりとなると。

ナチュバラのは見た感じ汁気も結構あるけどやっぱり大部分は具だし。

何より普通のウェットをあんまり薄めて汁だくにすると食べるの下手くそなルカちゃんは

具を皿の底や壁に全部残しちゃって後片付けが大変だしもったいなくもある。

本猫も食べたいのに食べれなくて気の毒。

それでウダウダと考えながら調べて見つけたほぼスープのウェット。

※メーカーHPにリンク↓

国産■ペットライン メディファス(スープパウチ) 離乳~1歳まで子ねこ用 しらす・かつお節入り

原材料:魚介類(まぐろ、しらす、かつお節、まぐろエキス)、肉類(鶏ささみ)、糖類、

    オオバコ繊維、酵母エキス、ビタミンE、ミネラル類(カルシウム、リン)

国産■ペットライン キャネット <3時のスープ>

こっちは8種類ラインナップがあるけど、特に疑問に思うようなものは入ってない。

全種コーンスターチが入っているので、アレルギーだったらNG。

メディファスの方は結構具もあって完全にスープと言えるか微妙。糖類って記載も気になる。

でも猫の体を考えて浸透圧調整されてるとか、pHコントロールも考えられてるらしい。

ただ個人的に かにかま ってどうなんだろうと思うのでそれは買ってないけど

尿路疾患に罹ることを思えば気にするほどでもないのかなぁ。

3時のスープは、3時のWスープって似た名前のもある。でも酸味料が添加されてるのは「?」。

それを考えると糖類も似たようなもんか…けど製品のスタンスが違うしな。

最初から2倍に薄めて出して、現在は製品25g+お湯65g=90g。

それを2匹で割るので1回あたり45g。

これでもよく飲むから、元が結構濃いめなのかな~とおもったけど

舐めてみたら人間的にはそうでもなかった←

猫も気に入って全種問題なく食べる(飲む)からとりあえずこれでいく。

プレミアムで同じようなのが出れば乗り換えたいけどないよな…。